2010年12月28日

加齢臭はどんなにおい

加齢臭ってどんなにおいがするものなのか、なんとなく分かっているようで分かっていないのではないでしょうか?加齢臭で例えられるにおいというのは、例えば「チーズ」のにおいであったり、「古本」や「ろうそく」のにおいであったりします。


これだけ聞けば、いずれも我慢できないようなにおいではありませんね。逆にチーズのにおいなどは、好きだといわれる方もたくさんいらっしゃるでしょう。古本のにおいだってそうです。においの感じ方というのは、個人差が大きいものですし、その人の精神状態などにも大きく左右されるものです。

加齢臭=オヤジ臭=くさいにおいという考えは一概にいえないものですし、いささか短絡的な考え方であるともいえるでしょう。それによく混同される加齢臭とオヤジ臭は別物なんです。それから、においには慣れが生じるので、若い方でもおじいちゃんやおばあちゃんと同居して暮らしている方の多くは、加齢臭を特別なにおいとは感じていないはずです。

余談ですが、体臭は一般的に臭いと感じるものなのですね。ですが、好きな人の体臭というのは、その人にとって好きなにおいになるのです。よいにおいと感じる場合もあると思います。これは多くの人が体験したことがあるのではないでしょうか?人間は本当に不思議な生き物ですね。

話はもとにもどって、加齢臭とオヤジ臭が同じように扱われているのは、あくまでイメージの問題ではないかと思います。確かに多くの中高年男性から心地よいにおいがするとは、少しイメージしがたい、いや全く出来ないといってもおかしくはないのですが、これにはタバコのにおいや、口臭あるいは汗くさいにおいなどというのも含まれたイメージだと思います。また、おじさんの言動なども悪いイメージとしてつながっているのかもしれませんね。

だからといって、おじさんはそれが普通だから努力する必要がないというわけではもちろんありません。当然おじさんも最低限のエチケットには気を配るべきだと思います。
posted by ひいらぎ at 19:00| Comment(0) | 加齢臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。