2010年12月27日

加齢臭を作る活性酸素

加齢臭のにおいの元になるのはノネナールという物質なのですが、このノネナールを作る基となる過酸化脂質は活性酸素が増えると同時に増加してしまいます。過酸化脂質を増加させてしまう活性酸素とは、一体どういったものなのでしょうか?


活性酸素とは、本題の加齢臭を作ってしまう物質という悪い働きの他にも、実はよい働きもします。体によい働きというのは、体内に侵入した細菌などを攻撃する働きです。これは人間が生きていく上でとても重要なことです。悪い働きというのは、生活習慣病やガン、アトピー、老化などを引き起こす原因になることです。活性酸素という言葉も最近よく聞くようになりましたが、よい働きよりの悪い働きの方が活性酸素という言葉の持つ一般的なイメージになっていると思います。

活性酸素を増やしてしまう主な要因を並べてみると、以下のようなものになります。

・ストレスを受けた時
・スポーツなどをして多くの酸素を消費した時
・タバコや排気ガスを吸った時
・紫外線や電磁波にさらされた時
・細菌などにおかされた時

普段でも呼吸により数%の活性酸素が生まれているのですが、以上の様な要因で活性酸素は増えてしまいます。体によさそうだと思っているスポーツでも、あまり激しすぎると活性酸素を増やしてしまうことになります。タバコなどは本当に百害会って一利なしですから、避けられるものは避けた方が加齢臭のみではなく、健康のことを考えると必要なことです。

この活性酸素を抑えることは、加齢臭を抑えることにつながるわけですが、上記のことを避ける他に、食べ物にも注目しましょう。ビタミンCやEを含む食べ物、緑茶に多く含まれているカテキンなどがよいとされています。

最近よく耳にするアスタキサンチンをご存知でしょうか?エビやカニ、イクラなど海産物に多く含まれる成分で、抗酸化力に優れている成分です。つまり活性酸素を抑制する力が大きいということなのですが、その力はビタミンEの約一千倍ともいわれています。

そのアスタキサンチンを主成分とした無臭物語:ジェントルエッセンスは、加齢臭のにおいを元から絶ちます。
posted by ひいらぎ at 10:00| Comment(0) | 加齢臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。