2010年12月26日

加齢臭はどこから発生するのか

あの加齢臭の臭いというのは、いったい体のどの部分から発生しているのでしょうか?加齢臭は体臭ですから、体からする臭いには間違いありませんが、よく言われるのが耳の後ろ側からです。その他、顔の部分では頭皮・首の後ろ側・ひたいから鼻にかけてのいわゆるTゾーンと言われる部分などからが、加齢臭の臭いがしやすい場所です。「まくらからいやないやな臭いがするようになった」というのもよく聞かれますが、これは頭皮や耳の後ろ側からの臭いがまくらに移ってしまったものでしょう。


食生活など生活習慣の改善(食生活では和食中心の食事にすること)もとても重要な部分であり加齢臭対策につながりますが、加齢臭がしやすい部分を清潔に保つことも重要です。特に先に書いた加齢臭が出やすい部分というのは、皮脂腺が多いため加齢臭が発生しやすいのです。また、耳の後ろや首の後ろという部分などはお風呂で洗い逃してしまいがちな部分ですから、特に注意して洗う必要があります。

それから体の部分では、胸と背中からが加齢臭がしやすい部分と言われます。これも同じく皮脂腺が多く存在している部分ですから清潔を保つことで加齢臭対策となります。

ただ、頭部にしろ体にしろ加齢臭が出てくる年齢というのは一般的には皮脂の分泌量は減少しています。皮脂(皮脂膜)というのは肌を守るバリアの役割がありますから、過剰に洗い過ぎると乾燥肌になり、皮膚のトラブルを起こしやすくなったりと、他の部分でマイナスになります。ですから清潔を保つとはいってもゴシゴシ洗えばよしというものではありません。適度にということも重要です。

湯船につかる、あるいはシャワーをかかるだけでも皮脂は落ちてしまいます。ボディソープや石鹸を使って洗うのは、週数回程度でもかまわないのです。それより特に汗をかきやすい夏場はシャワーの回数を増やすなどの対策が加齢臭を含む臭い対策になります。

ちなみに皮脂の分泌量が最も多いのがご存じのように思春期です。思春期にはにきびに悩む人が多いわけですが、にきびは皮脂の分泌量と大きく関係しています。若い方が皮脂の分泌が多くても加齢臭が出ないのは、酸化を抑制する力が大きいためです。加齢により酸化を抑える力が弱くなるため加齢臭は発生するのです。
posted by ひいらぎ at 21:00| Comment(0) | 加齢臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。