2010年12月07日

加齢臭の原因

加齢臭は中高年の男女に起りえるにおいです。加齢臭のにおいの原因になるのは、ノネナールという物質なのですが、このノネナールという聞きなれない名前の物質は、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって作られる物質です。


加齢臭がするようになってしまうのは、一般的に40歳を超えた中高年の男女です。(おじさんのにおいというのはあくまで加齢臭が持つイメージであって、女性は臭わないというわけではありません)このような年代になるとパルミトオレイン酸、過酸化物質共に増加するため、加齢臭が起りやすくなってしまいます。

若い年代の男女にはノネナールはほとんど存在していないとされています。加齢臭は加齢によって起りやすくなるにおいであるため、加齢臭とよばれるというわけです。

加齢臭は男性だけでなく、女性にも起ると先に書きましたが、おじさんの方が加齢臭のにおいがしやすいというのは事実なんです。これにはきちんとした理由があって、男性の方が皮脂腺の活動が活発であるため、加齢臭の原因になるノネナールが増加しやすいためです。

こう聞くと女性の方は安心されたかもしれませんね。でも、女性でもにおいの強弱はあっても加齢臭がしないわけではありませんし、自分のにおいはなかなか判断がつかないものです。男性は特にですが、女性もエチケットとしてもきちんと対策は行うべきだといえるでしょう。
posted by ひいらぎ at 12:46| Comment(0) | 加齢臭のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。